2つの植毛法

植毛には人工植毛と自毛植毛があります。
その違いはいろいろありますが、一番ハッキリしているのは、自分の毛で植毛をするか人工毛で植毛をするかでしょう。
どちらが優れているというのは、個人の植毛に対する考え方でも変わってきます。

自毛植毛は、その時にすぐ脱毛を改善するのではなく、発毛を促がすことを目的としていますから、その場ですぐに毛髪が“できる”事は期待できません。
しかし、人工毛の場合は、色も長さも好きなものを植え付けることができますから、すぐに髪が“できる”事になります。

植毛をして、すぐに髪を実感したい方は、髪が“できる”ことのタイムラグの関係で、やはり人工植毛が適しています。
そうではなく、今は良いけれど、その後発毛をしたいという考え方の場合は、自毛植毛をして、自然発毛を待つことになります。

また、人工植毛の場合、異物を植えこむことになりますから、拒絶反応の心配もあります。
その点自毛植毛の場合は、この拒絶反応はまずないとされていて、安全で安心な植毛法といえるでしょう。

こうしたいろいろの差があり、一概にどちらが良いということは言えませんが、自分の今の脱毛状態をいつどうしたい課によって、2つの植毛法から選ぶ必要があります。
もっとも拒絶反応がある方は、人工植毛はできませんし、サイドに毛髪がない方は自毛植毛はできません。
この場合は物理的に可能な植毛法が決まってくることになりますので、選択の余地もないことになります。


<管理人推奨リンク>
生涯生え続ける髪を手に入れられる自毛植毛手術を専門に行っている医療機関です…自毛植毛手術